出生順位(読み)しゅっしょうじゅんい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出生順位
しゅっしょうじゅんい

同一の両親をもつ兄弟姉妹間の出生の順位。人類遺伝学上重視される概念で,その出生順位が先行するか否かで,発育や生存にかなりの差がみられる。男女とも,出生時体重はあとから生れる者ほど重いという関係が,第5子まで観察されている。特に,第1子と第2子との間の差が大きい。しかし,Rh式血液型についてみると,Rh-の女性が Rh+の子を身ごもったあと,次の子が Rh-の場合には流産などの事故を起す。このような血液型の不適合現象は ABO式血液型にもみられるが,これらのものは,第2子以下に起りやすい。また,出生順位が遅くなるにつれ,母体の年齢が高くなるため,母親の高年齢出産に伴う現象が観察される。すなわち,出生順位の遅いものほどダウン症候群が起りやすく,流産の頻度も高くなる。一方,双生児出生率も高くなる。生後の成長については,両親の生活環境や教育の仕方,兄弟数の増加などに伴って,肉体的にも心理的にも種々の影響がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android