コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出陣式 シュツジンシキ

デジタル大辞泉の解説

しゅつじん‐しき〔シユツヂン‐〕【出陣式】

武家時代、出陣に際して行われた儀式。大将が具足姿で床几に腰をかけ、打ち鮑(あわび)・搗(か)ち栗・昆布の3種を肴に三献をくんだ。
何か事を始めるにあたり成功・勝利を祈念して行う儀式。「体育大会への出陣式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつじんしき【出陣式】

武人が戦争に出かけるときの儀式。平安時代から行われ、物の具をつけて床几しようぎにすわり、「打ち、勝ち、喜ぶ」を願って打ち鮑あわび・搗ち栗・昆布を食べた。
転じて、大がかりな行動を始めようとするとき、関係者が集まって気勢をあげること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の出陣式の言及

【出陣】より

…武士が戦場に赴くことをいう。一般に出陣にさいしては出陣式が行われた。これは戦陣作法の一つで戦闘に臨み武将以下士卒が行う士気高揚のための儀式であった。…

※「出陣式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出陣式の関連キーワードディオン遺跡相馬(市)相馬野馬追藤田 義光平安時代打ち鮑物の具出陣

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出陣式の関連情報