出雲めのう細工(読み)いずもめのうざいく

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

出雲めのう細工[装飾・装身]
いずもめのうざいく

中国地方、島根県の地域ブランド。
松江市で製作されている。めのう製作の起源は古代まで遡る。松江市玉湯町(旧・八束郡玉湯町)は三種の神器のひとつ「八坂瓊勾玉」の発祥の地とされ、玉造温泉の東にある花仙山が青めのう原石の産地。めのうは天然石で硬度が高く熱の出るまで摩擦し磨き上げると、その艶はいつまでも失われることがない。原石の切断から研磨・仕上げまで一貫して一人の職人が手作業でおこなう。現在はアクセサリーや装飾品として使用されている。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android