玉造温泉(読み)たまつくりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉造温泉
たまつくりおんせん

島根県東部,松江市宍道湖南岸近くに湧出する温泉奈良時代の開湯といわれ,『出雲国風土記』にもこの温泉の記載がある。単純泉硫酸塩泉で,泉温は 50~72℃。胃腸病,リウマチ慢性便秘症に効能があるといわれる。出雲大社に近く,山陰路観光の宿泊地として県下有数の温泉街を形成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕玉造温泉(たまつくりおんせん)


島根県松江(まつえ)市玉湯(たまゆ)町、宍道(しんじ)湖にそそぐ玉湯川沿いにわく行楽向きの温泉。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』に記載された歴史ある湯で、鳥取県の三朝(みささ)温泉・皆生(かいけ)温泉の両温泉とともに山陰地方を代表する大温泉。出雲路・松江観光の基地。温泉街東側に出雲玉作(いずもたまつくり)史跡公園と出雲玉作資料館、北約1.5kmの宍道湖畔にはいずもめのう細工伝承館がある。ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温70.8℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉造温泉
たまつくりおんせん

島根県北東部、松江市玉湯(たまゆ)町地区にある温泉。松江市街地の西郊にあたり、山陰の代表的温泉地として多くの観光客を集める。玉湯川渓谷の両岸に温泉街がある。少彦名命(すくなひこなのみこと)の発見と伝え、『出雲国風土記(いずものくにふどき)』にも温泉の記載がある。泉質は硫酸塩泉。河岸には約450本のサクラ並木があり、付近には出雲玉作史跡公園、出雲玉作資料館や、めのうの産地花仙山がある。山陰自動車道松江玉造インターチェンジに近く、またJR山陰本線玉造温泉駅、松江駅からバスの便がある。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉造温泉の関連情報