コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分度 ぶんど

大辞林 第三版の解説

ぶんど【分度】

はかりわけること。
〔「分限度合」の意。二宮尊徳の唱えた語〕 経済面での自分の実力を知り、それに応じて生活の限度を定めること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の分度の言及

【報徳社】より

…これが小田原報徳社の発業であり,報徳社の最初とされている。報徳思想における最も重要な実践倫理は,〈分度〉と〈推譲〉という考え方のなかに示されている。分度とは分に従って度を立てることを意味し,本来身分上の制約に関する言葉であるが,尊徳においては,自己の財力に応じて予算を立て,合理的な生活設計を行っていくという面に重点がおかれている。…

※「分度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分度の関連キーワード勧修寺(かじゅうじ)端から目盛り分度器トランシット接触測角器山家学生式皇輿全覧図二宮 尊親松宮観山年分度者二宮尊徳北条氏長製図器具報徳思想製図機械報徳仕法石坂常堅本地垂迹二宮尊親報徳社倶舎宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分度の関連情報