コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散理論 ぶんさんりろんdispersion theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散理論
ぶんさんりろん
dispersion theory

場の量子論において,散乱振幅S行列は関与する粒子のエネルギーや運動量の関数であり,これらの変数を複素数にとれば散乱振幅や S行列は複素関数となる。因果律に基づいた解析性や確率の保存に基づいたユニタリ性などの要請によって,この関数形が制限されることを利用して,物理量の間の関係を求める理論を分散理論という。このとき,複素関数に関するコーシーの定理 (→コーシーの積分定理 ) によって与えられる実数部と虚数部の間の積分関係式を分散公式という。分散公式はくりこみ済みの観測可能量の間の関係式として与えられるので,分散理論はくりこみ理論の1つの発展であり,また S行列の理論に内容を与えたものとみなせる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

分散理論の関連キーワードバン・ブレックボゴリューボフヘルムホルツクラマース南部陽一郎複素関数コーシー因果律量子論

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android