コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くりこみ理論 くりこみりろん renormalization theory

5件 の用語解説(くりこみ理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

くりこみ理論
くりこみりろん
renormalization theory

場の量子論では計算値がしばしば無限大となる。この困難を回避するため,無限大の量から物理的に意味のある有限な量を抜き出す処方をくりこみまたは再規格化という。 1948~49年朝永振一郎,J.S.シュウィンガー,R.P.ファインマン等により提唱された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

くりこみ理論

量子電磁力学で、電荷や質量などの計算値が無限大になる困難(発散の問題)を切り抜ける理論。たとえば、真空中に電子を1つ置いたとき、周りには電子と陽電子の対がたくさん現れる。これらは、真ん中の電子を雲のように取り囲み、中心の電荷を打ち消そうとする。このため、もとの裸の電荷は無限大でなければならなくなる。この理論では、裸の電荷はひとまず度外視し、実際に測定される電荷で物理現象を考える。朝永振一郎、J.シュウィンガー(米国)、R.ファインマン(米国)らが、この理論づくりに貢献した。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

くりこみ理論【くりこみりろん】

量子電磁力学において,電子と電磁場の相互作用を量子論的に扱うと,電子自身がつくる反作用により電子の質量や電荷の値が無限大になってしまう。これを自己エネルギーの困難,発散の困難などという。
→関連項目素粒子論非局所場の理論ラム・シフト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くりこみりろん【くりこみ理論 renormalization theory】

場の量子論で,例えば電荷や電子の質量を求める場合,高次の補正を行うとその値が無限大となってしまう。これを発散の困難divergence difficultyといい,発散の困難を防ぐために,第2次世界大戦後まもなく,朝永振一郎,R.ファインマン,J.シェウィンガーによって独立に考案された処法をくりこみ理論という。古典論においてもすでに点電荷としての電子が自分自身に及ぼす力が無限大になってしまうという発散の困難に直面していたが,この困難は本質的な解決をみることなく物理学は量子力学の形成,さらに相対論的量子論の建設へと進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

くりこみ理論
くりこみりろん

場の量子論において、場の反作用と真空の分極などの効果を質量や電荷に取り入れることを質量・電荷のくりこみという。くりこまれた質量・電荷(または結合常数)を使って理論を構成する処法をくりこみ理論または再規格化法という。
 相対性原理の要請により力の伝達は近接作用しか許されず、それは場(波動を担うもの)の伝播(でんぱ)として表現される。また量子論によれば波動は粒子でもある。このようにして相対論的量子力学の世界(素粒子の世界)は場の量子論によって記述される。場が局所的に(点で)自己または他の場と影響を及ぼし合っている理論を局所相互作用理論とよぶ。相対論の要請は局所相互作用しか許さない。
 場の量子論においては、場の反作用、真空の分極などのため、これらの効果を無視したときの粒子の質量・電荷(裸の量とよぶ)は直接観測にかかることはなく、これらの効果を含めた(くりこんだ)量が現れる。このゆえに、くりこまれた量のみを使って理論が構成できれば便利である。これを行う処法がくりこみ理論である。形式的には任意の理論において可能である。局所相互作用理論においては、反作用・分極に有効に寄与する場の振動数に限度がないため発散して、理論として成立しなくなる。これを場の理論の発散の困難という。しかし、量子電磁力学(QED)においては、この種の発散は裸の質量・電荷と、それらのくりこまれた量の間の関係にしか現れない。ゆえに、くりこまれた量が有限に計算できたと仮定して、くりこまれた量で理論をつくれば、発散のない理論ができあがる。この事実を朝永(ともなが)振一郎とJ・シュウィンガーが独立に発見した。QEDのようにくりこんだ質量・電荷で表した理論が発散を含まないとき、理論に現れた発散を質量と電荷にくりこむことが可能であることから、くりこみ可能な理論とよぶ。ワインバーグ‐サラムの理論、クォークの力学である量子色(いろ)力学(QCD)はくりこみ可能である。物性理論においては発散はないが、くりこみ理論の考え方が大きな成果をあげている。[益川敏英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のくりこみ理論の言及

【朝永振一郎】より

…41年東京文理科大学教授となり,中間子論および超多時間理論を研究し,戦時下も刊行されていた理化学研究所の和文報告に発表した。この超多時間理論は,場の量子論の相対論的定式化を完成したものであり,彼が47年に発表し,のちに65年ノーベル物理学賞を受けることになったくりこみ理論は,この定式化を利用して展開された。戦時中彼はまたマグネトロンの発振機構をみごとに解明した。…

※「くりこみ理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

くりこみ理論の関連キーワード静止エネルギー電子論比電荷ボーア半径リュードベリ定数量子電磁力学量子論質量吸収の法則ハートリーの単位系レーナルトの質量吸収法則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くりこみ理論の関連情報