コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分級作用 ぶんきゅうさよう sorting

1件 の用語解説(分級作用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんきゅうさよう【分級作用 sorting】

構成粒子の大きさ(粒径)がふぞろいの固体粒子が水または空気中を沈降するとき,その粒径の違いによって沈降速度が異なるため,二つ以上の粒子群に分離されること。淘汰ともいう。一般に流体中の固体粒子の沈降速度は流体の粘性,比重ならびに粒子の大きさ,形状,比重によって規制される。分級の程度(分級度)は試料中の粒径のそろい具合で判断される。それは平均粒径からの偏差で表される。偏差が小さいほど分級がよいことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分級作用の関連キーワードスピン量子数分級粒度分析粉砕癌細胞乱積み衝撃角礫岩アインシュタイン‐ド=ブロイの関係式キックの法則(固体粉砕)リッティンガーの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone