コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分部光嘉 わけべ みつよし

1件 の用語解説(分部光嘉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

分部光嘉 わけべ-みつよし

1552-1601 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)21年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の豪族細野藤光の次男。分部光高(みつたか)の養子。織田信包(のぶかね),豊臣秀吉につかえ,伊勢上野に1万石余を領した。のち徳川家康に属し,関ケ原の戦いのおり伊勢安濃津(あのつ)城での戦いで功をたて,2万石に加増された。慶長6年11月29日死去。50歳。通称は与三左衛門。名は政寿(まさとし),昌寿とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の分部光嘉の言及

【分部氏】より

…近世大名。伊勢国の出身。光嘉は豊臣秀吉に仕え,伊勢国内において1万石を領有。関ヶ原の戦のときより徳川家康に属し,加増されて伊勢上野2万石となる。1619年(元和5)光信のとき近江国に転封。大溝に陣屋を置き,以後幕末に至る。当主は従五位下左京亮,若狭守などに叙任。維新後は子爵。【大森 映子】…

※「分部光嘉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分部光嘉の関連キーワード宗柳狩野吉信織田信益順専城意庵正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone