コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離・分割方式 ぶんりぶんかつほうしき

知恵蔵の解説

分離・分割方式

国立大学は1987年以降、A・Bグループに分かれ、別の期日試験を行ってきた。しかし89年、一部の大学が入学定員を前期後期の2つに分け、Aグループと同日程で行う前期の試験の合格者には、発表時に入学手続きをとらせる方式を取り入れた。これが分離・分割方式と呼ばれるものである。97年度から同方式に統一された。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

分離・分割方式の関連キーワード後期日程廃止試験制度国立大学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android