切て落とす(読み)きっておとす

精選版 日本国語大辞典の解説

きっ【切】 て 落(お)とす

① 勢いよく切って下へ落とす。さっと切り落とす。
※平家(13C前)四「あがる矢をばついくぐり、さがる矢をば躍り越え、向ってくるをば長刀できておとす」
② 特に、歌舞伎で、振竹(ふりだけ)を用いた仕掛けによって舞台にかかっている幕の上部をはずして一度に落とす。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)大切「チョンと上の黒幕切って落す」
③ (②を比喩的に用い、多く「…の幕が切って落とされる」の形で) ある期間継続して行なわれる物事が始まる意に用いる。
※男鹿(1964)〈田村泰次郎〉「つぎつぎと空に砲声がひびきわたり、行動開始の幕は切って落された」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android