コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り土 きりつち

3件 の用語解説(切り土の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きりつち【切り土】

きりど。⇒きりど

きりど【切り土】

高い地盤や傾斜のある土地を削り取り、地面を平坦にしたり、周囲より低く造成したりすること。またその工事で削り取った土砂。⇔盛り土◇「きりつち」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

切り土

傾斜のある土地を平らな土地に整地するために、地面を掘り取る事。また、その工事で切り取った土砂の事。切土を盛土に用いることで建設コストの削減にも繋がる。宅地造成工事規制区域の中にある宅地では、高さが2メートルを超える崖を生じるような切り土をする場合、事前に、知事(または政令市・中核市・特例市の市長)の許可を受けなければならない。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切り土の関連キーワード囲繞地通行権整地地元熟地宅地貧土墳墓の地領地添地ため池

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切り土の関連情報