コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れ切れ キレギレ

デジタル大辞泉の解説

きれ‐ぎれ【切れ切れ】

[名・形動]
細かくいくつにも切れていること。また、そのさま。「切れ切れな(の)雲」「切れ切れな(の)記憶」
切れそうになって、からくもつながっているさま。「息も切れ切れに言う」
[補説]書名別項。→きれぎれ

きれぎれ[書名]

町田康短編小説。平成12年(2000)発表。同年、第123回芥川賞受賞。

きれ‐きれ【切れ切れ】

[形動]俗に、切れのいいさま。頭脳の働きや体の動きなどがすばやいさま。「切れ切れドリブルを披露する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きれぎれ【切れ切れ】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
いくつにも細かく切れて分かれているさま。断続的につづいているさま。また、そのようなもの。 「言葉も-に話す」 「職人が二人-な話をして/青年 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切れ切れの関連キーワード掠れる・擦れるストーピングクリスマスメランジュクートーちくちくはらめくぷつぷつ春秋学断片的嘰り歌陣陣嘰る寸寸補説片片青年点点

切れ切れの関連情報