コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑部岬 ぎょうぶみさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑部岬
ぎょうぶざき

千葉県北東部、旭(あさひ)市飯岡(いいおか)にある岬。行部岬とも書く。九十九里浜の北端に突き出ていて、銚子(ちょうし)半島へと続く屏風ヶ浦(びょうぶがうら)海食崖(がい)の西端に位置する。高さ約40メートルの断崖上には灯台があり、周囲は畑地となっている。崖(がけ)は第三紀の砂岩や頁岩(けつがん)からなっており、太平洋の荒波に洗われて海岸侵食が進んでいる。岬の崖下に九十九里浜北部の漁業基地飯岡漁港がある。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刑部岬の言及

【屛風ヶ浦】より

…千葉県北東部,銚子市と飯岡町の間にある海食崖。高さ40~50mの断崖が,東の外川(とがわ)から西へ犬若,名洗(なあらい)を経て西端の刑部(ぎようぶ)岬まで約10kmもつづく。断崖の下部は第三紀層の凝灰岩,その上は成田層の砂層,上部は関東ローム層からなり,3層の色彩と黒潮の海との対照が鮮やかで雄大な景観を示している。…

※「刑部岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刑部岬の関連情報