コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯岡 いいおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯岡
いいおか

千葉県北東部,旭市南東部の旧町域。九十九里平野の北端に位置する。 1889年町制。 2005年市,海上町,干潟町と合体して旭市となった。かつてはイワシなどの沿岸漁業下総台地サツマイモを原料とするデンプン加工,水飴製造業が盛んであったが,近年は海産物や農産物の加工業が中心。海岸は潮流に浸食され,竜王岬,刑部岬,通蓮洞などの景勝地がある。西部海岸は遠浅の海水浴場。九十九里県立自然公園の一部。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いいおか【飯岡】

千葉県北東部、旭市の旧町名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯岡
いいおか

千葉県北東部、海上(かいじょう)郡にあった旧町名(飯岡町(まち))。現在は旭(あさひ)市の東部を占める地域。九十九里浜北端に位置する。旧飯岡町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)三川(さんがわ)村と合併。2005年(平成17)、旭市に合併。旧町域の西半部は九十九里平野、東半部は台地であり、南東部の刑部岬(ぎょうぶざき)は屏風ヶ浦(びょうぶがうら)へと続く。地名は台地が飯を盛った形に似ていることに由来。国道126号が走る。中世には海上(うなかみ)氏の支配を受け、江戸時代には天領となった。キャベツ、スイカなどの野菜と、養豚、米の生産に依存した農業と、イワシ中心の漁業のほか、サツマイモのデンプン工場、水飴(みずあめ)工場があり、近年では縫製工場も増えている。飯岡助五郎(いいおかのすけごろう)が笹川繁蔵(ささがわのしげぞう)と縄張り争いをした『天保水滸伝(てんぽうすいこでん)』の舞台で、その墓がある。また玉崎(たまさき)神社の本殿は県指定文化財、下永井の芋(いも)念仏は県の無形民俗文化財に指定されている。[山村順次]
『『飯岡町史』(1981・飯岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飯岡の関連キーワードファイティング☆ヒーロー千葉県旭市上永井千葉県旭市横根助五郎と幽学藤井 誠治郎疋田 桂太郎近藤 広吉疋田桂太郎平野 宣紀飯岡[町]月の輪古墳勢力富五郎豊田武兵衛神原 克重仲浜 藤治西条[市]飯岡助五郎九十九里浜飯岡義斎平賀元義

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯岡の関連情報