コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯岡 いいおか

3件 の用語解説(飯岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯岡
いいおか

千葉県北東部,旭市南東部の旧町域。九十九里平野の北端に位置する。 1889年町制。 2005年旭市,海上町,干潟町と合体して旭市となった。かつてはイワシなどの沿岸漁業下総台地サツマイモを原料とするデンプン加工,水飴製造業が盛んであったが,近年は海産物農産物の加工業が中心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いいおか【飯岡】

千葉県北東部、旭市の旧町名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯岡
いいおか

千葉県北東部、海上(かいじょう)郡にあった旧町名(飯岡町(まち))。現在は旭(あさひ)市の東部を占める地域。九十九里浜北端に位置する。旧飯岡町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)三川(さんがわ)村と合併。2005年(平成17)、旭市に合併。旧町域の西半部は九十九里平野、東半部は台地であり、南東部の刑部岬(ぎょうぶざき)は屏風ヶ浦(びょうぶがうら)へと続く。地名は台地が飯を盛った形に似ていることに由来。国道126号が走る。中世には海上(うなかみ)氏の支配を受け、江戸時代には天領となった。キャベツ、スイカなどの野菜と、養豚、米の生産に依存した農業と、イワシ中心の漁業のほか、サツマイモのデンプン工場、水飴(みずあめ)工場があり、近年では縫製工場も増えている。飯岡助五郎(いいおかのすけごろう)が笹川繁蔵(ささがわのしげぞう)と縄張り争いをした『天保水滸伝(てんぽうすいこでん)』の舞台で、その墓がある。また玉崎(たまさき)神社の本殿は県指定文化財、下永井の芋(いも)念仏は県の無形民俗文化財に指定されている。[山村順次]
『『飯岡町史』(1981・飯岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯岡の関連キーワード千葉県山武郡九十九里町粟生飯岡〈町〉千葉県山武郡九十九里町千葉県山武郡九十九里町小関千葉県山武郡九十九里町作田千葉県山武郡千葉県山武郡九十九里町宿千葉県山武郡九十九里町西野干潟〈町〉千葉県山武郡九十九里町不動堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯岡の関連情報