門外漢(読み)もんがいかん

精選版 日本国語大辞典「門外漢」の解説

もんがい‐かん モングヮイ‥【門外漢】

〘名〙 その分野を専門としない人。はたけちがいの人。
※思出の(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「僕は宗教の事に関しては全くの門外である」 〔五燈会元〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「門外漢」の解説

もんがい‐かん〔モングワイ‐〕【門外漢】

その物事について専門家でない人。畑違いの人。「経理については門外漢だ」
[類語]初心者ビギナー・未熟者・ぺいぺいへなちょこ・初学者・見習い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android