コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初鹿野 はじかの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初鹿野
はじかの

山梨県北東部,甲州市南部の旧村域。甲府盆地東方にある。1889年村制施行。1941年鶴瀬村,日影村,田野村,木賊村と合体して大和村に,2005年塩山市,勝沼町と合体して甲州市となった。笹子トンネルの出入口にあたり,JR中央本線,甲州街道(国道20号線),中央自動車道のトンネルが集中する交通の要衝。日川沿いに大菩薩峠へ出る登山道の入口にあたり,途中には武田氏ゆかりの天目山棲雲寺や田野温泉などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

初鹿野の関連キーワード朝比奈弥太郎(2)大和(山梨県)初鹿野伝右衛門加賀 テツヤ甲州(市)初鹿野昌次大和[村]笹子峠大和村武田蛭石

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初鹿野の関連情報