コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝沼 かつぬま

4件 の用語解説(勝沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝沼
かつぬま

山梨県北東部,甲州市南西部の旧町域。甲府盆地東端に位置する。 1896年町制。 1954年菱山村,東雲村,祝村の3村と合体。 2005年塩山市,大和村と合体して甲州市となった。中心集落の勝沼は笛吹川の支流日川の扇状地上にあり,近世には甲州街道の宿場町で,甲府盆地の東の出入口として重視された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつぬま【勝沼】

山梨県甲州市の地名。旧町名。甲府盆地の東部にあり、古くからブドウの産地として知られる。甲州街道の宿場町として発達。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かつぬま【勝沼】

山梨県甲府盆地東縁にある、甲州市の地名。近世、甲州街道の宿場町。甲州ブドウの中心産地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝沼
かつぬま

山梨県中央部東山梨郡にあった旧町名(勝沼町(ちょう))。現在は甲州(こうしゅう)市の南西部にあたる。旧勝沼町は1896年(明治29)町制施行。1942年(昭和17)等々力(とどろき)村を編入。1954年(昭和29)菱(ひし)山、東雲(しののめ)、祝(いわい)の3村と合併。2005年(平成17)塩山(えんざん)市、大和(やまと)村と合併して甲州市となる。JR中央本線、国道20号、411号が通じ、中央自動車道勝沼インターチェンジがある。旧町域は古くからブドウの産地として名高い。江戸時代には甲州街道の宿場町で、笹子(ささご)峠を西下した旅人の甲府盆地の玄関口にあたっていた。また、戊辰(ぼしん)戦争で近藤勇(いさみ)の率いる幕軍が官軍によって敗れた柏尾(かしお)坂古戦場跡もある。笛吹(ふえふき)川の支流の日川(ひかわ)や田草川の扇状地上にのっており、耕地の99%が果樹園であり、そのうち約80%がブドウである。ぶどう酒の醸造も盛んで地元の中小工場のほか、近年は県外の大手資本の工場も進出してきている。観光化も著しく、ブドウ狩り用の観光園が国道沿いに立ち並ぶ。眺望のよい中央本線勝沼ぶどう郷駅前の丘陵上には「ぶどうの丘」がある。毎年10月第1日曜日には「ぶどうまつり」が行われ、夜には鳥居焼(とりいやき)という京都の大文字送り火に似通った行事も行われる。大滝山不動尊や大善(だいぜん)寺があり、大善寺の本堂は国宝。[横田忠夫]
『『勝沼町誌』(1962・勝沼町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝沼の関連キーワード塩山〈市〉山梨県甲州市塩山赤尾山梨県甲州市塩山小屋敷山梨県甲州市塩山上塩後山梨県甲州市塩山熊野山梨県甲州市塩山下於曽山梨県甲州市塩山竹森山梨県甲州市塩山千野山梨県甲州市大和町田野山梨県甲州市大和町日影

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝沼の関連情報