コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別所豊治 べっしょ とよはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別所豊治 べっしょ-とよはる

1579-? 織豊時代の武将。
天正(てんしょう)7年生まれ。別所長治(ながはる)の子。天正8年2歳のとき,父が城主の播磨(はりま)(兵庫県)三木城が陥落。成人して豊臣秀吉にかかえられる。関ケ原の戦いでは西軍にくみして所領を没収されたが,のち徳川家康につかえた。通称は孫七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

別所豊治の関連キーワード安土桃山時代(年表)松平信康ユトレヒト同盟バルト語派京都市バスのバス停認知症の学習療法安土宗論イエズス会日本年報ウィレム上杉憲政

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android