コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別所豊治 べっしょ とよはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別所豊治 べっしょ-とよはる

1579-? 織豊時代の武将。
天正(てんしょう)7年生まれ。別所長治(ながはる)の子。天正8年2歳のとき,父が城主の播磨(はりま)(兵庫県)三木城が陥落。成人して豊臣秀吉にかかえられる。関ケ原の戦いでは西軍にくみして所領を没収されたが,のち徳川家康につかえた。通称は孫七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

別所豊治の関連キーワード安土桃山時代(年表)スペンサー松平信康ユトレヒト同盟バルト語派京都市バスのバス停認知症の学習療法安土宗論イエズス会日本年報ウィレム

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android