利休箸(読み)りきゅうばし

食器・調理器具がわかる辞典「利休箸」の解説

りきゅうばし【利休箸】

杉で作った、両端を細く削った。千利休(せんのりきゅう)が用いたのでこの名があるとされる。利休は客を招く日の朝に自ら材の箸の両端を細く削り出してその芳香をもてなしとしたと伝えられる。懐石に用いるが、一般にあらたまったもてなしや祝儀にも用いる。元来は杉材のものをいったが、一般には他の材のものもいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「利休箸」の解説

りきゅう‐ばし〔リキウ‐〕【利休箸】

両端を細く削った杉の箸。懐石用であるが、客膳(きゃくぜん)にも用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「利休箸」の解説

りきゅう‐ばし リキウ‥【利休箸】

〘名〙 中央をやや太くし、両端を細く削った杉の箸。会席で用いる。
※洒落本・文選臥坐(1790)東北の雲談「黒もじの利休箸(リキウバシ)をつけて持来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android