コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利休箸(読み)リキュウバシ

大辞林 第三版の解説

りきゅうばし【利休箸】

両端を細く、中央をやや太くした杉の角箸。懐石で用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

りきゅうばし【利休箸】

杉で作った、両端を細く削った箸。千利休(せんのりきゅう)が用いたのでこの名があるとされる。利休は客を招く日の朝に自ら杉材の箸の両端を細く削り出してその芳香もてなしとしたと伝えられる。懐石に用いるが、一般にあらたまったもてなしや祝儀の膳にも用いる。元来は杉材のものをいったが、一般には他の材のものもいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android