コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制定法主義 セイテイホウシュギ

デジタル大辞泉の解説

せいていほう‐しゅぎ〔セイテイハフ‐〕【制定法主義】

立法府が文書の形で制定した成文法を最も重要な法源とする考え方。裁判官は紛争の解決に際して法律にのみ拘束されるが、条文の解釈・運用を補完するものとして判例も重視される。大陸法の基本的な特徴の一つ。成文法主義。→判例法主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

制定法主義の関連キーワード判例至上主義フランス法

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android