制服組(読み)セイフクグミ

デジタル大辞泉「制服組」の解説

せいふく‐ぐみ【制服組】

防衛省特別職国家公務員である自衛隊員のうち、陸海空の三自衛隊において命令に服して隊務を行う自衛官通称。いわゆる武官制服の着用が義務づけられているため、この名がある。→背広組
[補説]16階級で構成され、尉官以上を幹部自衛官とよぶ。最高位は統合幕僚長文民統制原則により、重要案件などの原案に関わることはできるが、決定は文民である国会議員が行う。現役制服組は、自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣や、内閣総理大臣のもとで隊務を管理統括する防衛大臣になることはできない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android