コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激=反応説 しげき=はんのうせつstimulus-response theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激=反応説
しげき=はんのうせつ
stimulus-response theory

心理学における一学説で,S=R説と略されることもある。一般には,生体の行動ないし心理学的現象が,刺激 (S) と反応 (R) の用語によって,適切かつ完全に記述されるとする構想に基づく心理学説。特に生体の種々の行動の学習が,ある刺激に対する特定の反応の結合によって成立するとする学習理論をさし,学習を認知の再構造化とみる認知説 (→認知地図 ) と対比される。刺激と反応の結合が強化を必要とするか否かにより,強化説接近説とに2分される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

刺激=反応説の関連キーワード新行動主義接近の法則ガスリー行動主義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android