コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管炎 けっかんえんangitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血管炎
けっかんえん
angitis

血管の炎症で,大動脈炎,動脈炎,静脈炎が含まれる。原因としては細菌,化学物質,放射線などによる2次的なものと,原因不明で1次的に血管に炎症を生じるものがある。大動脈炎には脈なし病 (高安病) ,大動脈中膜壊死,梅毒性大動脈炎などがあり,大動脈瘤を起す。動脈炎には,側頭動脈炎,下肢の閉塞性動脈炎,小児の冠状動脈炎などのほか,膠原病に属する多発性 (結節性) 動脈炎がある。静脈炎は炎症に合併するもののほか,全身性の移動性静脈炎などがある。血管炎では,血栓症による壊死や大動脈瘤破裂による出血を起して,死亡することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんえん【血管炎 angitis】

血管の炎症性および増殖性変化をいう。多くの疾患でおこり,細菌に直接,あるいは細菌が出す細菌毒素に侵されたり,外傷,放射線エネルギー,化学毒素などにより損傷され,その結果として炎症性反応をおこすこともある。多くの場合,このような血管の炎症性変化は二次的なものと考えられるが,場合によっては病因として基本的なこともある。血管壁の炎症は非特異的で,浮腫,フィブリン沈着,白血球浸潤などを伴い,滲出液によって内膜表面の性状が変化するので,血管内凝固がおこりやすくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血管炎の関連キーワード多発性動脈炎(顕微鏡的多発血管炎/結節性多発動脈炎)バージャー病(閉塞性血栓血管炎)網膜に変化をおこす全身の病気好酸球性多発血管炎性肉芽腫症WHOによる糸球体疾患の分類末梢神経障害の原因による分類アレルギー性肉芽腫性血管炎壊疽をおこす病気のいろいろチャーグ・ストラウス症候群チャーグ‐ストラウス症候群膠原病(こうげんびょう)アナフィラキシー紫斑病リウマチ性多発筋痛症その他の血管性紫斑病ウェゲナー肉芽腫症点滴異物混入事件バザン硬結性紅斑成人発症スチル病結節性多発動脈炎悪性関節リウマチ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管炎の関連情報