コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前弾き まえびき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前弾き
まえびき

日本音楽用語。伴奏楽器によって奏される曲の開始部分のこと。新内節ではそれぞれ名称をもつ数種類があり,曲調によって使い分けられている。箏曲では,かなり長い前弾きを「序」ともいう。義太夫節薩摩琵琶では「弾き出し」,筑前琵琶では「開 (ひらき) 」といい,また義太夫節や小唄では,前の場面や曲の後奏を受けて次の場面,曲の前奏となる「オクリ」がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まえ‐びき〔まへ‐〕【前弾き】

邦楽のうちの、弦楽器を伴奏とする声楽曲において、歌の始まる前に弾かれる楽器だけの部分。前奏。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まえびき【前弾き】

音曲で、歌を歌いだす前に楽器だけを弾く部分。前奏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の前弾きの言及

【新内節】より

…爪ようじ,琴爪,小撥(こばち)などを用いて弾く。新内節の演奏に際しては三味線の〈前弾き〉がつくが,これは一曲ごとに作曲されたものでなく,数個の違った気分をもつ既存の曲を,適当に選んで用いる。ただし端物には用いるが段物にはほとんど用いない。…

※「前弾き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前弾きの関連キーワード豊沢 仙糸(4代目)とっちりとん道中膝栗毛吉田草紙庵雨夜の月吾妻八景ままの川鶴の巣籠六段の調秋の色種石山源氏嵯峨の秋秋風の曲千鳥の曲外記猿段合せ岸の柳末の契都の春茶音頭

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android