コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利昌(2) まえだ としまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利昌(2) まえだ-としまさ

1684-1709 江戸時代前期-中期の大名。
貞享(じょうきょう)元年11月15日生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩主前田利明(としあき)の4男。元禄(げんろく)5年兄利直(としなお)から新田1万石をあたえられ大聖寺新田藩主となる。上野寛永寺での先の将軍徳川綱吉の法会(ほうえ)のおり接待役となったが,同役の大和柳本藩主織田秀親(ひでちか)を刺殺し,宝永6年2月18日切腹を命じられた。26歳。通称は采女

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

前田利昌(2)の関連キーワード貞享

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android