コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利昌(2) まえだ としまさ

1件 の用語解説(前田利昌(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利昌(2) まえだ-としまさ

1684-1709 江戸時代前期-中期の大名。
貞享(じょうきょう)元年11月15日生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩主前田利明(としあき)の4男。元禄(げんろく)5年兄利直(としなお)から新田1万石をあたえられ大聖寺新田藩主となる。上野寛永寺での先の将軍徳川綱吉の法会(ほうえ)のおり接待役となったが,同役の大和柳本藩主織田秀親(ひでちか)を刺殺し,宝永6年2月18日切腹を命じられた。26歳。通称は采女。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前田利昌(2)の関連キーワード元禄時代貞享徳川家宣徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone