コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利鬯 まえだ としか

美術人名辞典の解説

前田利鬯

旧加賀大聖寺藩主。幼名桃之助のち貞用・利益。御歌所参侯・貴族院議員を務めた。素人能楽家の名手。大正9年(1920)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利鬯 まえだ-としか

1841-1920 幕末-大正時代の大名,華族。
天保(てんぽう)12年6月12日生まれ。加賀金沢藩主前田斉泰(なりやす)の7男。安政2年兄利行(としみち)の急死でその跡をつぎ,加賀大聖寺(だいしょうじ)藩主前田家14代。茶道,歌道に長じた。維新後,掌典などを歴任。明治17年子爵。30年貴族院議員。大正9年7月28日死去。80歳。初名は貞用,のち利益。通称は桃之助。号は竹径,虚心斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

前田利鬯の関連キーワード大正時代浅井一毫華族

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android