前田林外(読み)まえだ りんがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田林外 まえだ-りんがい

1864-1946 明治-昭和時代の詩人。
元治(げんじ)元年3月3日生まれ。明治33年与謝野鉄幹(よさの-てっかん)の東京新詩社にくわわり,「明星」に叙事詩などを発表。36年岩野泡鳴(ほうめい),相馬御風(ぎょふう)らと東京純文社を創立し,「白百合」を創刊。39年から同誌で民謡特集をつづけ,これをもとに全国の民謡を集成した「日本民謡全集」を刊行。昭和21年7月13日死去。83歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は儀作。詩集に「夏花少女」,歌集に「極楽鳥」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android