コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前蜀王建墓 ぜんしょくおうけんぼQián Shǔ Wáng Jiàn mù

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんしょくおうけんぼ【前蜀王建墓 Qián Shǔ Wáng Jiàn mù】

中国,四川省成都市の西郊にある五代の前蜀王,王建の墓。永陵という。欧陽修の《新五代史》には〈光天元年(918)6月卒す,……神武経文孝徳明恵帝とおくり名し,高祖とよんだ〉とある。1942年と43年に発掘調査された。墳丘は円形で,高さ約15m,径80m余をはかる。墓室は紅砂岩でつくられ全長30.8m,14のアーチで構築されており,木の門で前・中・後の3室に分けられている。最も大きい中室には,長さ7.45m,幅3.35m,高さ0.84mの紅砂岩の棺床が置かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の前蜀王建墓の言及

【王建】より

… 唐末の混乱期に乱を避けて中原の地から四川の地へ逃れてきた貴族や文化人を礼遇したので,国土の豊饒さとあいまって文運が栄えた。1942‐43年,成都市の西門外で王建の墓である永陵(前蜀王建墓)が発掘され,王建の座像が発見されたばかりか,棺座の周囲を24人の楽人の石彫でめぐらしているのが見つかった。舞者が2人で,楽器を奏する者が22人,すべて女伎であり,当時の音楽と楽隊組織を知る重要な資料として高く評価されている。…

※「前蜀王建墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前蜀王建墓の関連キーワード五代十国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android