コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前蜀王建墓 ぜんしょくおうけんぼ Qián Shǔ Wáng Jiàn mù

1件 の用語解説(前蜀王建墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんしょくおうけんぼ【前蜀王建墓 Qián Shǔ Wáng Jiàn mù】

中国,四川省成都市の西郊にある五代の前蜀王,王建の墓。永陵という。欧陽修の《新五代史》には〈光天元年(918)6月卒す,……神武経文孝徳明恵帝とおくり名し,高祖とよんだ〉とある。1942年と43年に発掘調査された。墳丘は円形で,高さ約15m,径80m余をはかる。墓室は紅砂岩でつくられ全長30.8m,14のアーチで構築されており,木の門で前・中・後の3室に分けられている。最も大きい中室には,長さ7.45m,幅3.35m,高さ0.84mの紅砂岩の棺床が置かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の前蜀王建墓の言及

【王建】より

… 唐末の混乱期に乱を避けて中原の地から四川の地へ逃れてきた貴族や文化人を礼遇したので,国土の豊饒さとあいまって文運が栄えた。1942‐43年,成都市の西門外で王建の墓である永陵(前蜀王建墓)が発掘され,王建の座像が発見されたばかりか,棺座の周囲を24人の楽人の石彫でめぐらしているのが見つかった。舞者が2人で,楽器を奏する者が22人,すべて女伎であり,当時の音楽と楽隊組織を知る重要な資料として高く評価されている。…

※「前蜀王建墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

前蜀王建墓の関連キーワード楽山四川省石恪前蜀巴金益州成都張瀾巴蜀洛邑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone