前衛演劇(読み)ぜんえいえんげき(英語表記)Avantgarde Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「前衛演劇」の解説

前衛演劇
ぜんえいえんげき
Avantgarde Theatre

既成演劇を否定し,新しい演劇を創造するための実験的演劇。したがって,過渡期には常に前衛演劇が生れるといえるが,ヨーロッパでは 19世紀末から 20世紀初頭にかけての P.クローデルの『黄金の頭』,A.ジャリの『ユビュ王』,G.アポリネールの『テイレシアスの乳房』などの戯曲および「自由劇場」「ビュー=コロンビエ座」「芸術と行動」「アルフレッド・ジャリ劇場」などの演劇運動をさして前衛演劇の語が用いられるようになった。以後,1950年代にフランスを中心として生れ,既成の演劇観をくつがえした E.イヨネスコ,S.ベケット,J.ジュネ,A.アダモフらの作品を経て,この影響は H.ピンター,P.ワイス,E.オールビー,F.アラバルらにも受継がれ,今日の演劇の起点となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android