コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前衛演劇 ぜんえいえんげきAvantgarde Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前衛演劇
ぜんえいえんげき
Avantgarde Theatre

既成の演劇を否定し,新しい演劇を創造するための実験的演劇。したがって,過渡期には常に前衛演劇が生れるといえるが,ヨーロッパでは 19世紀末から 20世紀初頭にかけての P.クローデルの『黄金の頭』,A.ジャリの『ユビュ王』,G.アポリネールの『テイレシアスの乳房』などの戯曲および「自由劇場」「ビュー=コロンビエ座」「芸術と行動」「アルフレッド・ジャリ劇場」などの演劇運動をさして前衛演劇の語が用いられるようになった。以後,1950年代にフランスを中心として生れ,既成の演劇観をくつがえした E.イヨネスコ,S.ベケット,J.ジュネ,A.アダモフらの作品を経て,この影響は H.ピンター,P.ワイス,E.オールビー,F.アラバルらにも受継がれ,今日の演劇の起点となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前衛演劇
ぜんえいえんげき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

前衛演劇の関連キーワードケリー(Mike Kelley)マリオ マルトーネ渋谷ジァン・ジァンアビニョン演劇祭東海道四谷怪談アンチテアトルテイレシアス早稲田小劇場フランス演劇フォルネス不条理演劇武智 鉄二ブルック武智鉄二寺山修司東欧演劇残酷演劇唐十郎山崎博現代劇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android