コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副田孫三郎 そえだ まごさぶろう

1件 の用語解説(副田孫三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

副田孫三郎 そえだ-まごさぶろう

1688-1768 江戸時代中期の陶業家。
元禄(げんろく)元年生まれ。肥前佐賀藩士。陶器方役。伊万里(いまり)大川内(おおかわち)山の藩窯(鍋島(なべしま)焼)の監督にあたる。製陶従事者の人数の制限,運上税の制定,色鍋島の秘法をまもるための赤絵業者の戸数制限など,藩窯としての組織体制をつくりあげた。明和5年8月16日死去。81歳。名は政晴。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

副田孫三郎の関連キーワード元禄斑糲岩田辺茂啓メシエ読本Jamesメアリー[2世]高橋安之丞幇間桑原仙渓

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone