コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副腎インシデンタローマ(副腎偶発腫) ふくじんいんしでんたろーまふくじんぐうはつしゅAdrenal Incidentaloma

1件 の用語解説(副腎インシデンタローマ(副腎偶発腫)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふくじんいんしでんたろーまふくじんぐうはつしゅ【副腎インシデンタローマ(副腎偶発腫) Adrenal Incidentaloma】

[どんな病気か]
 腹痛など、腹部の症状があって、腹部の超音波検査やCT検査を行なった結果、偶然に副腎(ふくじん)に見つかる腫瘍(しゅよう)のことをいいます。この場合、副腎腫瘍は腹痛とはまったく無関係です。腹痛の原因となる疾患に対する治療を行います。
 副腎ホルモンは過剰に分泌(ぶんぴつ)されないので、症状はまったくありません。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone