コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力の限り チカラノカギリ

デジタル大辞泉の解説

ちから‐の‐かぎり【力の限り】

体力などをすべて出し尽くして。「力の限り戦う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからのかぎり【力の限り】

最大限の努力をするさま。できることはすべて。可能な限り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

力の限りの関連キーワードバチカン図書館力一杯・力一盃体を粉にする赤の女王仮説身骨を砕く粉骨砕身平井誠一北欧神話老人と海原千晶勧進帳装飾経腕尽く手一杯力一杯最大限精切り手の際力行極力

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力の限りの関連情報