コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精精 セイゼイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ぜい【精精】

[副]
能力の及ぶかぎり努力するさま。できるだけ。精いっぱい。「精精おまけします」「精精養生して下さい」「病み上がりで、近所を散歩するのが精精だ」
できるだけ多く見積もってもその程度であるさま。たかだか。「遅くても精精二、三日で届くだろう」「高くても精精一万円だろう」
[名]能力の及ぶ限界。力のかぎり。
「迷エル衆生ヲ導カント―ヲヌキンデ給ウコトココニ切ナリ」〈天草本平家・序〉
[用法]せいぜい・たかだか――「合格するのはせいぜい(たかだか)三人だろう」「一日かかってもせいぜい(たかだか)一〇ページしか読めない」など、多く見積ってもの意では相通じて用いられる。◇「せいぜい」にはその上限に達することを目標にする意もある。「せいぜい努力します」「せいぜいお大事に」など。また、それほど期待はしていないという気持ちで用いることがある。「相手は強豪揃いだ。―頑張るさ」◇「たかだか」は上限の程度を大したことではない、とみる気持ちがある。「集まってもたかだか五〇人だろう」「たかだか一週間の旅行に大騒ぎするな」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいぜい【精精】

〔「精誠」が転じてできた語か〕
( 副 )
できるだけ。一生懸命。 「 -勉強させていただきます」
最大限見積ってもそれが限度だという気持ちを表す。多くても。力の限り物事を行うさま。 「集まっても、-一〇人くらいだ」
( 名 )
つとめはげむこと。 「 -をつくして作りたつる/幸若・大臣」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

精精の関連キーワード高高幸若精誠

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android