力業(読み)チカラワザ

デジタル大辞泉の解説

ちから‐わざ【力業】

体力を要する仕事。力仕事。肉体労働。「力業を引き受ける」
力の強さに頼ってするわざ。「力業で投げ飛ばす」「力業で採決する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからわざ【力業】

力のいる仕事。力仕事。重労働。
強い力を頼みに行うわざ。 「 -で相手をねじふせる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから‐わざ【力業】

〘名〙
① 体力を使ってする作。体力のいる仕事。肉体労働
※医心方天養二年点(1145)二二「不冝為力事 チカラワサ」
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉四「力業(チカラワザ)をする人が三膳の御飯のたべられぬと言ふ事はなし」
② 強い力をたのんでするわざ。強い力だけが武器であるような武芸。
※平家(13C前)九「越中前司は二三十人が力(チカラ)〈高良本ルビ〉わざをするよし人めには見えけれ共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力業の関連情報