力線(読み)りきせん(英語表記)line of force

翻訳|line of force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「力線」の解説

力線
りきせん
line of force

空間の各点で物体に働く力が定まっている力のの中の曲線で,各点での接線がその点での力の方向と一致するもの。たとえば電場電気力線磁場磁力線がある。力線は力の場の様子を表わすのに用いられ,流体の流れの様子を表わす流線と同様のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「力線」の解説

力線【りきせん】

力のの中に引いた曲線群で,曲線上の各点での接線がその点での力の方向に一致するもの。力線の向きは力の向きに一致させる。電場の力線を電気力線,磁場の力線を磁力線という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「力線」の解説

りき‐せん【力線】

〘名〙 力の場で、接線がその点における力の方向と一致するように引いた曲線群。電気力線・磁力線などがある。〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android