力線(読み)りきせん(英語表記)line of force

翻訳|line of force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力線
りきせん
line of force

空間の各点で物体に働く力が定まっている力の場の中の曲線で,各点での接線がその点での力の方向と一致するもの。たとえば電場電気力線磁場磁力線がある。力線は力の場の様子を表わすのに用いられ,流体の流れの様子を表わす流線と同様のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

力線【りきせん】

力のの中に引いた曲線群で,曲線上の各点での接線がその点での力の方向に一致するもの。力線の向きは力の向きに一致させる。電場の力線を電気力線,磁場の力線を磁力線という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りきせん【力線】

力の場を表す曲線群。曲線上の各点における接線の方向がその点に働く力の方向と一致するように描く。磁力線・電気力線など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りき‐せん【力線】

〘名〙 力の場で、接線がその点における力の方向と一致するように引いた曲線群。電気力線・磁力線などがある。〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android