コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力計 ちからけい

1件 の用語解説(力計の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちからけい【力計】

弾性体を利用して力を変位に変換し,変位を測定することにより加わった力の大きさを知るための計器。図1は,圧縮あるいは引張力を測定する計測器の一種で,環状ばね形力計という。特殊合金鋼製のループ形やリング形のばねで,力によるたわみをダイヤルゲージやマイクロメーターで測定する方式のものである。機械的なたわみ測定器の代りに,差動トランスリニアスケールなどにより電気的な出力が得られるようにしたものも利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

力計の関連情報