コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

功叔 こうしゅく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

功叔 こうしゅく

?-1594 織豊時代の僧,茶人。
山城(京都府)大山崎臨済宗(りんざいしゅう)東福寺派妙喜庵住持茶の湯千利休にまなぶ。利休とかわした手紙が現存。豊臣秀吉から寺領40石をあたえられた。寺内に秀吉の命で利休がたてたとつたえられる茶室待庵(たいあん)(国宝)がある。文禄(ぶんろく)3年6月29日死去。法名は士紡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の功叔の言及

【妙喜庵】より

…室町時代,文明年間の書院(重要文化財)と千利休作と伝える茶室待庵(国宝)があることで知られる。3世住職功叔(?‐1594)は茶人として知られ,堺の茶人津田宗及らを招いて茶会を開いていた。彼はまた利休と親交があり,山崎に屋敷を持っていた利休はたびたび妙喜庵を訪れ,功叔あての利休書状も十数通残されている。…

※「功叔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

功叔の関連キーワード妙喜庵功叔茶人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android