功成り名遂げて身退くは天の道なり(読み)こうなりなとげてみしりぞくはてんのみちなり

故事成語を知る辞典の解説

功成り名遂げて身退くは天の道なり

人生で成功したら、すみやかに身を引くのが賢い生き方である、ということ。

[使用例] これらの作家皆功成り名遂げて早くも文壇を去りしに、思えばわれのみ唯一人今にうきしゅうちまたにやつす[永井荷風*書かでもの記|1918]

[由来] 「老子―九」の一節。「金銀宝石を家にいっぱいため込んでも、守り抜くことはできない。地位財産を得て思い上がると、災難を引き起こす」と述べたあと、「功成り名遂げて身退くは、天の道なり(功績を挙げて名声を得たら、その地位を退くのが、自然のにかなったやり方である)」と続けています。

[解説] 「功成り名遂げる」だけで、人生で成功するという意味で用いられることもよくあります。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう【功】 成(な)り名(な)(と)げて身(み)退(しりぞ)くは天(てん)の道(みち)なり

(「老子‐九」の「金玉満堂、莫之能守、富貴而矯、自遺其咎、功成名遂身退、天之道」から) 功を立て名誉を得た後は、その地位を退くのが天道、すなわち、天地自然の理にかなったやり方である。
※曾我物語(南北朝頃)五「『大名の下には、久居すべからず。こうなりなとけて身しりそくは天の道也』とて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android