コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加島祥造 かじま しょうぞう

1件 の用語解説(加島祥造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加島祥造 かじま-しょうぞう

1923- 昭和後期-平成時代のアメリカ文学者,詩人,タオイスト。
大正12年1月12日生まれ。昭和48年横浜国大教授,61年青山学院女子短大教授。詩誌「荒地」同人。平成にはいり長野県伊那谷(駒ヶ根市)に移り住み,老子(タオ)の思想の中でくらす。著作に「フォークナーの町にて」「英語の辞書の話」,訳書にフォークナー「サンクチュアリ」,詩集に「晩晴」。老子関系の著作に「タオ ヒア・ナウ」「タオ-老子」「エッセンシャルタオ 老子」。東京出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加島祥造の関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)有島武郎伊藤野枝トルストイ長崎大学梁思成大森房吉ギューリック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加島祥造の関連情報