加島祥造(読み)かじま しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加島祥造 かじま-しょうぞう

1923- 昭和後期-平成時代のアメリカ文学者,詩人,タオイスト。
大正12年1月12日生まれ。昭和48年横浜国大教授,61年青山学院女子短大教授。詩誌「荒地」同人。平成にはいり長野県伊那谷(駒ヶ根市)に移り住み,老子(タオ)の思想の中でくらす。著作に「フォークナーの町にて」「英語の辞書の話」,訳書にフォークナー「サンクチュアリ」,詩集に「晩晴」。老子関系の著作に「タオ ヒア・ナウ」「タオ-老子」「エッセンシャルタオ 老子」。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android