駒ヶ根市(読み)こまがね

  • こまがねし
  • 駒ヶ根〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野県南部,伊那盆地の天竜川右岸から木曾駒ヶ岳の東斜面を占める市。 1954年赤穂町,宮田町,中沢村,伊那村が合体して市制。 56年旧宮田町が分離して宮田村となる。中心集落の赤穂は河岸段丘上に位置し,三州街道宿場町として発達。第2次世界大戦前から伊那盆地の製糸業の一中心であったが,金属,機械,木材などの工業が進出。現在は電機・電子機器工業がおもに行われる。周辺の段丘面では米作やリンゴなどの果樹が栽培される。駒ヶ岳の観光拠点でもあり,67年に駒ヶ岳山頂近くの千畳敷カール (標高 2700m) までロープウェーが通じ,観光客がふえている。山麓駒ヶ根高原には人造湖,キャンプ場などがある。光前寺庭園は名勝市域の一部は中央アルプス県立自然公園に属する。面積 165.86km2(境界未定)。人口 3万2759(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android