コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加工熱処理 かこうねつしょり

1件 の用語解説(加工熱処理の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かこうねつしょり【加工熱処理】

塑性加工と熱処理組合せによって,熱処理による靱性(じんせい)の低下を抑制し,熱処理のみによっては達成されない高強度の金属材料を得る方法の総称。強度と靱性の上昇は,転位密度の増加,析出物の均一な生成と微細化,結晶粒径の微細化などによってもたらされる。具体的な方法は3種に大別される。(1)熱処理した後に低温で加工する。高強度と靱性を要するピアノ線の製造では,恒温変態処理(パテンティング)した後に強く冷間線引を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加工熱処理の関連キーワード可鍛鋳鉄樹脂加工熱処理防水加工熱処理炉非加熱オーネックスアイ・シイ・エス浜松熱処理工業熱処理 (heat treatment)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加工熱処理の関連情報