コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加治木常樹 かじき つねき

1件 の用語解説(加治木常樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加治木常樹 かじき-つねき

1855-1918 明治時代の政治運動家,官吏。
安政2年2月27日生まれ。妻時子は来島恒喜(くるしま-つねき)の妹。西南戦争では西郷隆盛にしたがい,捕らえられて懲役1年。のち挙兵の真相が誤伝されていることをうれえ「西南血涙史」をかく。明治15年平岡浩太郎らと大陸経営を画策し,朝鮮にわたるが時機を逸し,のち福岡県警察部につとめた。大正7年7月24日死去。64歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加治木常樹の関連キーワード米騒動新聞小説東欧演劇ニコライニコライ干渉戦争母性保護論争田中鶴吉村田清風イギリス映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone