コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加治木常樹 かじき つねき

1件 の用語解説(加治木常樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加治木常樹 かじき-つねき

1855-1918 明治時代の政治運動家,官吏。
安政2年2月27日生まれ。妻時子は来島恒喜(くるしま-つねき)の妹。西南戦争では西郷隆盛にしたがい,捕らえられて懲役1年。のち挙兵の真相が誤伝されていることをうれえ「西南血涙史」をかく。明治15年平岡浩太郎らと大陸経営を画策し,朝鮮にわたるが時機を逸し,のち福岡県警察部につとめた。大正7年7月24日死去。64歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加治木常樹の関連キーワードネグリ運動家活動家池田応助小西甚之助小柳卯三郎尚寅高田栖岸田代季吉森隆介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone