コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加田半六 かだ はんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加田半六 かだ-はんろく

?-1710* 江戸時代前期-中期の陶工。
はじめ長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)の高麗左衛門(こうらいざえもん)に,のち出雲(いずも)(島根県)楽山焼の創始者倉崎権兵衛にまなぶ。権兵衛の没後,楽山焼の2代目をついだ。子孫は代々半六を名のった。宝永6年12月5日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加田半六の関連キーワード新版歌祭文金木さなぶり荒馬踊永字銀永字豆板銀河合曽良碁盤太平記三宝銀周期表童子訓孕常盤

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone