コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽山焼 ギョウザンヤキ

5件 の用語解説(楽山焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょうざん‐やき〔ゲウザン‐〕【楽山焼】

らくざんやき(楽山焼)

らくざん‐やき【楽山焼】

出雲焼の一。延宝年間(1673~1681)萩焼の陶工倉崎権兵衛が出雲国島根郡西川津村(松江市)楽山で茶陶を焼きはじめたのに始まり、今日では日用陶器も焼かれる。御山焼。権兵衛(ごんべい)焼。ぎょうざんやき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎょうざんやき【楽山焼】

出雲国八束やつか郡楽山で、延宝年間(1673~1681)に萩から招かれた陶工、倉崎権兵衛が創始した茶陶。御山焼。権兵衛焼。らくざんやき。

らくざんやき【楽山焼】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽山焼
らくざんやき

島根県の代表的な陶窯(とうよう)で、出雲(いずも)焼ともよばれる。1677年(延宝5)松江藩主松平綱近(つなちか)が長門(ながと)(山口県)の萩(はぎ)焼の陶工・倉崎(蔵崎)権兵衛を召し抱えて開窯した。窯は島根郡西川津村(現松江市)に築かれ、世に権兵衛焼と称されたが、初期の作品は当時流行の高麗茶碗(こうらいぢゃわん)を手本とした茶碗が中心であった。権兵衛ののちは弟子の加田半六が4代引き継ぎ、1801年(享和1)松平治郷(はるさと)(不昧(ふまい))が長岡住右衛門貞政を召し出して以後は長岡家が楽山焼を守り、貞政、空斎、空八、庄之助(しょうのすけ)、空昧、空処、そして現在の空権へと続いている。この再興楽山焼では、高麗茶碗写しのほか色絵陶が焼造され、色絵はかならずしも茶具に限らず、花瓶、大皿、食籠(じきろう)などにも華やかな力作がある。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽山焼の関連キーワード伊勢村意朔龍貞玄出雲焼延宝吉弥古今綿治太夫節難波焼布志名焼談林風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楽山焼の関連情報