加納友之介(読み)かのう とものすけ

  • 加納友之介 かのう-とものすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1872-1936 明治-昭和時代前期の銀行家。
明治5年5月8日生まれ。衆議院書記官兼農商務省参事官をへて,住友銀行にはいる。同行常務取締役にすすみ,東海銀行頭取に転じた。昭和2年の金融恐慌で合併先の第一銀行取締役に就任自動車工業(いすゞ自動車前身)の社長もつとめた。昭和11年8月14日死去。65歳。茨城県出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android