コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤久米八 かとう くめはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤久米八 かとう-くめはち

?-1817 江戸時代中期-後期の陶工。
尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。天明のころ肥前大川内窯(佐賀県)から脱走してきた陶工副島(そえじま)勇七をかくまい,磁器製作の秘法をまなぶ。これを甥(おい)の加藤景信につたえたという。文化14年11月6日死去。名は重裕。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤久米八の関連キーワードモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリンスタンダール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android