コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤勝弥 かとう かつや

1件 の用語解説(加藤勝弥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤勝弥 かとう-かつや

1854-1921 明治-大正時代の政治家。
嘉永(かえい)7年1月生まれ。自由民権運動に参加。のち新潟県議をへて明治23年(1890)衆議院議員(当選3回,政友会)。43年「新潟毎日新聞」の創刊にかかわる。キリスト教会の長老としても知られた。大正10年11月5日死去。68歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤勝弥の関連キーワード浅羽靖金尾稜厳北村佐吉窪田畔夫児玉亮太郎清崟太郎内藤利八中山秀雄宗像政米田穣