コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤古風 かとう ひさかぜ

美術人名辞典の解説

加藤古風

江戸後期の国学者。武蔵忍藩士。通称は千左衛門、号は染古楼。松平下総守の世臣で、成島和鼎に従って和漢の学を修め、最も古学に通じた。著書に『類題和歌補闕』『和歌自選抄』等がある。嘉永元年(1848)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤古風 かとう-ひさかぜ

1766-1848 江戸時代後期の国学者。
明和3年生まれ。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩士。成島竜洲に和漢の学をまなぶ。古学に精通し,藩校進修館の教授となる。和歌にもすぐれた。嘉永(かえい)元年11月25日死去。83歳。通称は十左衛門。号は染古楼。編著に「類題和歌補闕」,歌集に「染古和歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android