コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤文麗 かとう ぶんれい

3件 の用語解説(加藤文麗の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加藤文麗

江戸後期の画家・藩士。伊予大洲藩主加藤泰恒の子、泰茂の養子。名は泰都、通称を織之助、別号に予斎。幕府の御小姓組番頭となり従五位下、伊予守に任ぜられる。画を狩野周信に学び、谷文晁の最初の師として名高い。山水花鳥画を能くした。天明2年(1782)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤文麗 かとう-ぶんれい

1706-1782 江戸時代中期の画家。
宝永3年生まれ。加藤泰恒の6男。幕府の西丸小姓組番頭(ばんがしら)をつとめる。狩野周信(ちかのぶ)にまなび,山水・花鳥・人物画にすぐれた。谷文晁(ぶんちょう)の最初の師として知られる。天明2年3月5日死去。77歳。名は泰都。通称は織之助。別号に予斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤文麗

没年:天明2.3.5(1782.4.17)
生年:宝永3(1706)
江戸中期の幕臣にして画家。伊予国(愛媛県)大洲藩主加藤泰恒の6男に生まれた。大叔父泰茂の養子となり,従五位下伊予守に叙せられた。狩野周信に画を学んだが,むしろ谷文晁の最初の師として名がある。

(小川知二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤文麗の関連キーワード為笑岩井正斎画猫道人愚庵(1)篠嶋元琪春挙雪篷羽賀林真北幸山本素川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone